「バロメーター」

亡くなった祖母の塩むすびは、きちんと同じ大きさの俵型だった。

不揃いのおむすび達。

朝のヘビロテメニューのはずなのに・・・

真似出来ないのは、年期?性格??



朝の保育園。

(怪獣)
「おはようー!」

入口近くの副園長先生のいる部屋か、
いつもかまってくれる先生がいる給食室かに、

怪獣は、必ず、顔を出しに行く。

まっすぐに幼児室に行くことは、まずなく、

ぴょんぴょんと跳びはねながら、あっち、こっちと、油を売る。

これが、元気かどうかのバロメーターになるくらい。

(私)
「先生には、おはようございます、でしょー!」

毎度毎度私が言うこんな言葉も、気休めにしかならない。

なぜなら、跳びはねていく怪獣は、私の方を、全く見ていないから。


本当に、誰に似たんだか(笑)


ま、私もパパも、このテの子供(私=人見知り無し、パパ=おちょけ)だったらしいから、

そりゃ怪獣も、そうなるか。

でも同じ親の子でも、そんな怪獣の行動を、毎朝じーっと鋭い眼差しで、

「何やってるの?お兄ちゃん」

とばかりに見つめているポコの性格は、また怪獣のとは違いそうだし、

個性って、面白い。