「ママケア」

「お風呂、入らないの?」

気付くと昨夜も、子供と一緒に寝入っていた。

パパが早めに帰宅し、子供達はパパとお風呂に入っていた。

久々ゆっくりお風呂に入れると、楽しみにしていたのに。


「お風呂もだけど、話を聞こうかなって思ってたからさ。」


そうだった。

前の日、電話口で不安がっていた自分を思い出す。



この夏で5歳になる怪獣を、最近私は叱ってばかり。

この日も、何度も不注意でコップをひっくり返し、周りがビチャビチャ。

私のイライラは募っていた。

そんな中、4度目にこぼした原因は、特に私を怒らせた。

ゴムのボールとはいえ、食器に当たったら割れてしまう、

だからダイニングで蹴ってはいけない、そういう約束をしていた。

しかし怪獣は、いくら言っても笑いながら蹴りつづけ、ガッチャーン。

幸いコップは割れなかったけれど、たっぷり注がれていた麦茶は、床まであふれ、

雑巾1枚では拭き足らず、私は慌ててもう1枚取りに洗面所へ走った。


すると、怪獣は、

『マズイ事をした』

そう思ったのだろう、

麦茶滴る1枚目の雑巾を持って、私を追い掛けてきた。


ポタポタ。。。



・・・イラッ。


この瞬間、

私の怒りは、爆発してしまった。


「もう!余計なことしないっ!!」


自分でもびっくりするくらい、大きな声が出た。

同時に怪獣の背中をバンッと、はたいていた。


固まる怪獣。


ちょっぴりナイーブな怪獣は、私が感情的に怒ると、こうなる。

分かっているのに、私が怪獣を追い詰めた。


別の日にサッカーが上手い!と私が褒めたから、怪獣は張り切った。

私に褒めてもらいたい、そう思っているのは分かっていた。

なのに、怒った。

それも、感情的に。


固まる怪獣を目の前に、猛烈に反省し、落ち込んだ。


今週は唯一この日が、怪獣と一緒に過ごせる休日だったのに。

何よりため息が出るのは、叱った後に動揺した私。


未熟な母に、長男は苦労している。


仕事中の電話口で、妻にそんな不安話をはかれたパパも大変だと思う。


ただ、3分くらいだったけど。

その電話で、私は救われた。

パパに何を言われたわけじゃない。

ただ、「不安だ」と言っただけ。


電話の後、私は怪獣と話をした。

何故怒ったのか、イライラしてしまったのか、

そして、はたいたことを謝った。


怪獣の笑顔は、すぐに戻った。


それでスッキリして、子供と一緒に眠りこけるんだから、

要は、大した事ではないんだけど。


情けないけど、こんなことを繰り返している。




パパの育児参加は、ママケアから。

ママケアは、話を聞くに限る!!

それがファザーリングの極意だと前に聞いたことを思い出した。
(NPO法人ファザーリング・ジャパンの安藤哲也さんに。)