「見極めどころ」

“やまんばばぁ” のお話を寝る前に読んで以来、怪獣は、

パパがいないと、私やポコの隣で眠りたがるようになった。

かなり気合いを入れて、やまんばばぁを演じたからなぁ〜(笑)

効果は絶大。

寝付きが悪い日には、すかさず

「やまんばばぁがくるよ。」

の一言で、

怪獣は頭からタオルケットをかぶる。

ニヤリする私は、狡い母。


でも、

2人揃って寝た後が、私の勝負の時間だからー、

どんな手でも使うのだ。


最近は大概、仕事関係のことをしているだけで、あっという間に0時は過ぎる。


昨日も、そろそろ寝なくちゃ・・・と寝室に戻った。

すると、


2人は、こんなだった。

よく起きなかったなーぁ。
(^-^;


シンクロばりに同じ向きで眠っていること多々、

双方を蹴って起こし合うこと度々、

昨日は、さながらパズル?!

ちょっと可笑しかった。



見極め、というのは、今朝思ったこと。

テープからパンツに、のタイミングの見極めは、微妙だ。

とみちゃんとも、そんな話をしたっけ。

ポコはまだテープ。

彼女はつかまり立ちをする今も、あまり激しくは動かないから。

怪獣の時は、1歳よりも前にパンツにした。

一度もじっとしておらず、替えようとしたら脱走!を繰り返していたから。

テープよりもパンツは、高いし、かさ張るし、悩みどころでもある。

ま、結局、適当なんだけど(笑)



あ、オムツの話です!