「急ハンドル」

パパと一緒に登園する朝は、怪獣はワガママを言える。

「ぱぱ、だっこ〜」
「ぱぱ、きょうそうしよう!!」

「きゃはははは〜っ!」

怪獣の笑い声が高らかに響く。

パパも、私も、そしてポコまでも、つられて笑う。

子供の笑い声には、大人を幸せにするパワーがつまっている。


この日は、私が朝のバタバタにかまけているうちに、

パパが子供達を先に連れて出た。

私が、荷物と空のベビーカーを押しながら追い付くと、

パパはポコを抱き、怪獣と競走していた。

ご苦労様です(笑)


すると、私に気付いた怪獣が、ベビーカーに寄ってきた。

「座る?」

「うんっっ♪」


パパの体力温存のためにも、おとなしく乗ってもらった方が、

と思った私が甘かった。


「これは、くるまねっ。ぼくが、うんてんちゅう、するからねっ!」




そこから保育園まで、

私は怪獣の急ハンドルに付き合わされた。



キキキキーッッッ!

ママは汗だくだよ〜(涙)