「W杯サイクル」

どうも喉・鼻の調子が悪い私は、昨夜、子供達と一緒に寝た。

もちろん3時半に目覚ましをかけて・・・


引き分けを狙わず、勝ちにいく。

その通り、いやそれ以上の試合展開。

涙。

チームスポーツは、1×11がその瞬間に何倍にも、何乗にもなるものなんだなーぁ。

他の国にはない、今の日本代表の結束力、チームの強さを感じて、

一人で感慨に耽ってしまった。


もちろん、そんな時間も長くは続かない。

早く寝かせたら、私だけでなく、子供達も早く起きるわけで。


お陰で、今朝は、自分のために病院に行くこともできたし、

早寝早起きのせいか、いつもよりもスッキリ??!


これも、日本代表さまさま!?


アナウンス室に着くと、

皆やっぱり、この話題。


田中大貴くんからは、遠藤選手の秘話を聞き、

冨田憲子(とみ)ちゃんと、
「感動〜(涙)」

と、おばちゃんバリのリアクションを取ってしまった。


このデンマーク戦で、2点目を見事決めた遠藤選手。

4歳になる息子さんは、サッカー選手(パパ)に憧れ、

パパの勇姿を観に、南アフリカまで行っていた。

そして、試合直前に、

「ぱぱのごーるがみたい!」と、電話をかけていたとか。

ドイツW杯では、試合に出ることすら叶わなかった遠藤選手。

息子さんの存在が、力になったんだろうなーぁ。

それを真の力に変えられるのが、またさすが。

そして、息子さんにとっては、一生忘れられないシーンになっただろうなーぁ。

4歳といえば、怪獣と同じ。もう記憶に残る頃。


私も親である幸せを感じ、背筋が伸びる想いもした。