「願い事」

保育園から短冊をもらって帰ってきていた。

怪獣と、ポコの分も。


昨夜、ポコが先に寝て、怪獣ももう寝る直前、

「いま、かこうよ!」

と、怪獣がクレヨンと一緒に持ってきた。


「“さ”は、どうだっけー?」

まだ怪獣は、平仮名が全部は書けない。

“さ”と“ち”や“わ”と“れ”などは間違えやすいし、

もれなく“ほ”は“棒+ま”つまり、上が突き出してしまう。

“よ”も、よくひっくり返ってるし、“ん”は、3回波打っている(笑)

なので怪獣は、何か特別なものを書くときには、私のお手本を求めるのだ。


「何て書くの?」私が聞く。

今までは大抵、戦隊ヒーローになれますように、だった。


すると、

怪獣は即答した。



「さっかー、にっぽん、がんばれ!ってかく。」



(^.^)

へぇー。



世の中の流れに、怪獣も影響を受ける年齢になったこと、

『自分がこうなりたい』っていうお願い事じゃなかったこと、


親は色々大袈裟に反応してしまう。



たくさんの文字を書くのに、ちょっと几帳面な怪獣は、真剣!!

とはいえ、クレヨンで小さな文字を書くのは、難しく、

途中、間違える度に、くじけそうになりながらも、

なんとか全部書くことができた。


ポコのお願い事には、女の子が好きなキャラクターの名前を。

こちらも怪獣が決めて、書いていた。


願い事、叶うといいね。




ミニラ、無事に終了しました。

吉崎典子アナや戸部洋子アナがブログで報告してますが、

7月に新装オープン予定の朗読LegendのHPでも、またご報告します!


そして、迎えに行った後、母はやはり甘くなりました・・・

アイスに素麺に唐揚げ。

まったく。