「お泊り保育」

林檎たちのつぶやきblogにあったバルーン。彼らの歓迎会でもらって、持ってちゃっかり帰ってきた。
予想通り、怪獣は大喜び。「みてみて〜きりんさんだょ〜」と振り回していた。

でも。“プードル”らしいよ〜、怪獣くん(笑)


お泊り保育では、スイカ割りに始まり、プールに花火にちょっと怖い出し物にと、楽しいことがいっぱいだったらしい。
食事は外にホットプレートを出してバーベキューに、お風呂も外の簡易プールにお湯を入れて、と色々工夫してくれた先生方。
初めてのお泊りの不安や寂しい気持ちを乗り越えるために、“河童がくれた勇気の出るブレスレット”なんていうのも全員分編んでくれて・・・ちょっと日に焼けた怪獣の腕に、よく似合っていたな。
本当に有り難い。

「これから大人になっていくには、良い事ばかりじゃないという事を理解し始め、それを乗り越える気持ちを養える年頃ですから、これからも“勇気”については、折々で工夫しながら話していくつもりです。ご家庭でも、ぜひ。」
“私と怪獣”を1株の花だとすると、保育園は色んな花が咲く花壇。それぞれの咲き方の違いを見ながらも、水をやり、日の当て、時に肥料の刺激を与えて、育てていく。
色んな花があるんだな〜今の季節は水をたっぷりやるといいんだな〜花が咲かなくても今は焦らなくていいんだな〜と、私は色々気付かせてもらっている。


迎えの私に怪獣は“泣かなかった”と何度か強調していたから、やっぱりちょっと寂しかったのかな?
よく頑張ったね。