「あたし元気よん♪」

テーブルの上に足を乗せ、「こりゃっ!」と私がしかめっ面をすると「ギシシッ!」と笑っている。病院のプレイルームにて、おやつ時の写真『あたし元気よん♪』byポコ。

実は、先週末からポコが入院している。

色々なことをこのblogには投稿しているが、入院が決まってすぐは、先が見えない・病状の割に戸惑った・心配かけたくなかった等で、しばらく投稿を見合わせていた。なのに突然の報告、すみません。

少し落ち着いて先も見えたら、やっぱり色々考えさせられ書くことにした次第。
どっちやーっ!ってのも、私っぽいかなと(笑)


ちょっと前に投稿したジージが見付けた変な色の便、それが結局のところ入院の原因になった。
ジージのお手柄!っていうか、機嫌だけで楽観視してスルーしかけた私の甘さに大反省!
最終的に悪いところが見付からなかったとは言え、子供の便はあなどるなかれと思った。つくづく。

ジージに便を見せられた次の日、私は“機嫌は良いけれど一応”というテンションで小児科にポコを連れていった。
すると先生は便を見てすぐに、「紹介状を書きますから、今日中に大学病院へ行った方が良いと思います。」と言った。
ちょっと動揺(私)。

そして大学病院に行くと、「検査しましょう、それによっては手術が必要になるかもしれません」と言われた。
ひぇー(私)。

ビックリしながらも、パパに電話しなくちゃーと思っていた私に、先生からもう一言あった。
「顔がいつもよりも白いってお母さん言ってた?血液検査してみて貧血がすすんでいたら、入院した方がいいかもな〜ぁ。」

えぇぇぇー?入院っっ?!

ポコを抱っこしながら脇に怪獣抱え、冷静を装いつつも、動揺は隠せずだった。


入院して思うことは本当に色々。ポコが心配、怪獣が動揺、色んな子育てを目の当たりにし、優しさの意味など考えた。

退院に向かっている今(手術が必要な箇所は見付からず、経過も良好)、
たくさんの人に支えてもらっている事、当たり前じゃないんだって事、有り難いと心底感じている。

そして私は、今日も病院に行く。

長くなりm(__)m