「お金を知る」

こんなことをやっている。
怪獣トラップ(ガチャガチャや100円ゲームのたぐい)対策のためだ。

至る所で怪獣がトラップにひっかかり、その度に「ママはやらせない」と説得するのに時間がかかってきた。
注射を頑張ったから、今週は私の休みが無いから、と、私の線引きも曖昧になり始めていた。

だから。

朝ベランダの花に水をやる。ゴミ出しを手伝う。ご飯を食べ終わったら、ポコの分までお皿を片付ける・・・

お手伝いしたら、シールを1枚。シールが10枚貯まったら、100円を怪獣の緑の貯金箱に入れる。

こういうお金の問題は、色んなお家の考え方があると思うけれど。

始めて10日。
「これがほしい〜」「これ(ゲーム)いっかいやりたい〜」は減り、代わりに「これはシールなんまい?」と聞いてくるようになった。
ちょっとリッチなガチャガチャは、シールが20枚も必要だと知って、「えーっ。むり〜ぃ。」と情けない声をあげていたけれど、

お金をもらうのは大変な事、汗をかかないと欲しいものは手に入らないという事を、少しは理解してくれたかな?

怪獣の所持金、現在100円ナリ。