「ザック」

本当に。私ってば・・・(以下、つぶやき、いやボヤキです。ご容赦を。)

元々のニブさに、子育てのいい加減さも加わって、今の私、なんだな〜ぁ。
とにかく、私は様々詰めが甘く、何かしらやらかす事が多い。最近、特に多い。
サザエさんを地で行く。地味に、面白みもない、ネタにもならないドジをする。

入構証がないっ!と会社の正面口からアナウンス室まで戻り、(それも先輩を巻き込んで!エレベーターで引き返して!)

ないっ、ないっ、ないっ、あったー!

・・・のは、コートの下。つまり、探していた入構証は私が首から下げていた(泣)とか。

帰りのバスを降りる時に、報道の先輩を見かけ、挨拶しようと出口へ急ぐと、
「ちょっと、バックを忘れてるよ!」と、見ず知らずのおじ様に呼び止められ。
何も持たずに降りようとするなんて、恥ずかしいわ、先輩には挨拶できないわ。とか。

そんな私の基本資質に気付いてしまったT先輩には、
「適当というか、ザックリしてるな〜ぁ。ザックと呼ぶぞ(笑)ザックJAPAN!(笑)」と、言われたり。

一緒に笑ってもらえて、毎度救われるものの、ザックJAPANに申し訳がない。
ま、私のは、“ザックリ”か“ガックリ”か、あるいは“ガッカリ”JAPANですから。

変わりたいですがね、劇的に頭が良くなる!なんてことはないわけで。
少しでも賢く冷静な人になれるよう、本でも読もうかと思います。
またもや適当な解決策ですが(笑)

今夜の晩ごはん。ポコの野菜克服メニューも、肉巻きでは、はがされて終わった(泣)こんなところもザックリ。
とは言え、ケチャップ風味は永遠のお子様メニューで。二人ともよく食べてくれた。

さ、アニメが一つ終わったら、お風呂っ!お風呂ですよっ!