「雪の朝」

雪合戦を期待していた怪獣は、パパの「雪、降ってるよ」の言葉に跳ね起きた。が、すぐに「つもってないね〜」と口を尖らせ、寒い、寒いとストーブに張り付いた。
雪、雪、と言いながら、寒い、寒いって。東京の子だわ〜まったく。

一方、ポコはというと、降る雪を見つめながら「ゆ〜ぅき?」と、うっとり。
スキー場に去年行ったこと、おぼえてないか。

そんな子供達の反応を見ていたら、小さい頃の雪の記憶がよみがえってきた。