「黄金柑」

「ちっちゃ〜い!」
段ボールを開けた怪獣が叫んだ。本当に小さい。
ゴールデンオレンジと言うらしい。

「小さくて見てくれば悪いけど、美味しいから弥英ちゃんに食べさせたいって・・・」

伊豆からの便りに、肩のコリが少しゆるんだ。
大好きな人に想われている。本当に幸せなことだ。

作るには手がかかるとかで、伊豆や湯河原の地元でしかお目にかかれない?とか。

爽やかな甘さ。いっきに10はイケる。
これで肌荒れ治るといいな〜。