「悪態」

「も、いらねーっ」

すぐ横で言われたのに、最初は《誰が言ったの?!?!》と思ってしまった。
朝ごはんのハムサンドを突き返し、こう言い放ったのは、紛れも無く、ポコだった。

はぁ〜(ため息)→すぐさま怪獣をギロリした私。

「ボク、なんにも言ってないよーっ!」

確かにそうだけどさ。
思い当たる節、あるんじゃないの〜?

兄、保育園、テレビ。様々なものから影響を受ける。
ポコが悪いとも、怪獣が悪いとも思わない。

でもね。
ママは許しませんよ。

「こら〜っ。どの口だ〜ぁ?!」
ポコの頬っぺたを、加藤清史郎くんバリに挟んでみた。

ポコは、“ちゅー”の口をしながら吹き出し、ゲラゲラ。
私が手を離すとすかさず、「も〜ぉいっかい!」と言って、またゲラゲラ笑った。

・・・やっちゃった。

これで、「いらねーっ」は繰り返される。