「1月も最後ですね」

またひとつ、歳を重ねた。

日曜日の夜。
風邪を引いたポコが度々起きる中、翌日のご飯やら取材の用意やらでバタバタしていたら、34になっていた。

そんなもんだ。

誕生日なんて、年々気恥ずかしく、なんとなく終わってくれればいいと思っていた。

でも、

友達がメールをくれたり、、文芸のスタッフが誕生日を覚えていてくれたり(全く期待してなかったから嬉しかった〜)、家族や友達が前もってお祝いしてくれたり、

そんな事が、しみじみ嬉しいな、有り難いなと思った。



それから、

今年は、怪獣がプレゼントをくれた。

手編みのマフラー。

保育園で、先生に教わりながら、割り箸を使ってリリアン(古い?)の要領で編み込んでいるのは知っていた。
「お誕生日に、ママにあげるねっ」と予告されていた。

それでも。


じわーっと涙が出てしまう。
支えられていると再確認する。



日常に紛れ、気付けば終わった誕生日。

でも、幸せだった。