「赤ずきんちゃん」



週末、水辺の桜。
と、真っ赤なポコさん(笑)


桜を見下ろせる展望デッキを、何度も行ったり来たりしていた。

寒かったから、動くのは歓迎したいところだったけど、

こんなに目立つ格好にもかかわらず、何度かポコさんを見失って、

母さんはヒヤヒヤした。


何てったって、彼女以上に動き回る、怪獣も一緒だったから仕方ない。



「ママーッッ!」



写メが全く撮れないくらいに素早くどんどん走って行っちゃって、

こっちが探す姿は、遠くから笑いながら見ているくせに、


私の姿が見えなくなると、半泣きで叫ぶ。

「ママーッッ!(泣)」

それも、すぐに。


「これからは、お母さんって呼ぶ!」

なんて言っていたお兄ちゃんは誰だったっけー?


ま、こんな成長の行ったり来たりが可愛く、楽しいのですが。




金曜日の入学式、旦那さんの代わりに私の父と、

先日亡くなった私の第二の父の奥様が、出席してくれた。

青空に映える桜をバックに記念撮影をしながら、

晴れ男だった“グランパ”を思った。
なんだか、近くに感じられた。


先生に誘導され、ニンマリしながら入場してきた怪獣。

その姿が、こんなに嬉しいものだとは思わなかった。

親としての自分も思い返した。

改めて、私も学び直そう。何か、始めよう。


やっぱり春は、素敵な季節だ。



教室では、緊張して固まる児童達の中で、

一際、キョロキョロしていた怪獣。


きっと、たくさん叱られるな、ありゃ(笑)