「ばったり」

「やだぁ(笑)こんばんは。」

背後からいきなり言われ、ビックリして固まった。

本に読み耽り、危うく電車を降り損ねるところだった私は、
開きっぱなしになっていた本を閉じながら、改札に向かっていた。

彼女の顔を見て、力が抜けた。

力が抜けたままで笑ったから、きっと、ちょっとマヌケな顔だったろうな。



怪獣が1年生になって、新たにできたママ友。
よく、朝、顔を合わせる。

あちらが名札を忘れた!とダッシュしていれば、

こちらは雑巾の提出が前の日までだった!と青くなり、

どちらも、まだ心許ない子供達を突き放しきれなくて、つい校門まで見送りに行ってしまう〜

を繰り返す度に、仲良くなった。


ちなみに、そういうママは、男の子のママが多い(気がする)。

「ママ、ママ」と、男の子が女の子に比べて、母親を頼りにするのもだけど、

母親の方も、つい。


男の子。ほって置けないのですよ。なんでだろ?


怪獣とポコ、私と旦那さん。
“異性の親は子供をダメにする”典型的なパターンが出来つつある。

私は怪獣をほって置けず、旦那さんはポコにデレデレ。

大抵の事は許してしまうおかげで、ポコは、
すでに大人を使い分ける術を知ってしまった。

どちらも、もう一方の親が、バランスを取らなくては。。。




朝はすっぴん、なのに帰りは本番後の私だったけど、
笑顔で声をかけてくれた、りん君ママ。

道すがら、職業や家の場所など、まだあまり話をしていなくて、
お互い名前くらいしか知らないのだと改めて気が付いた。

だけど、なんだか、すでに同士なんだなぁ。

(お互い、頑張ろうね。)

言葉にならないエールを送り合った気分になって、家路についた。


さ、明日・明後日は登校(登園)日。

怪獣には、「連休に休めないお父さん、お母さんも多いんだよ〜」と説明したけれど。

やっぱりホッとする。

有り難い、有り難いーっ!