「子供は見ています」

さっき、駅のホームで、

久々に嫌〜な感覚が、私の靴の裏を襲った。



本当に腹が立つ。



ガムを吐き捨てたモノ、出てこいーっっ!


なんて、叫ばないけれど。

ペッッ!とする人は、ガムを踏んだことがないのかなぁ?




同じ様なことを、タバコのマナーにも感じる。


まだ怪獣が小さい頃、

出先ですれ違った歩きタバコの火が、怪獣の服についたことがあった。

若いカップルの女性が気付いて、歩きタバコをしていた男性よりも先に謝ってくれたけど。

ビックリした私は、焦げたパーカーを掃いながら、「大丈夫です」と言うしかなかった。


予測不可能に動き回る怪獣の、その目線の高さに、ちょうどあったタバコ。

以来、よそ見しながら歩きタバコをしている人を見ると、つい注意したい衝動にかられる。



最近、目の前で歩きタバコをしていた男性が、次の瞬間タバコを持っていないのを見て、

「やだ、どこかに捨てたんだ。。」

と、つぶやいてしまった私。



すると怪獣が、


「ちがうよ!ちゃんと捨ててたよ!」


と、道路脇の排水溝を指差した。



怪獣の声が聞こえていたかは分かりませんが、


子供はちゃーーーんと見ています。




とは言え、

私も完璧な人間ではないですから。

誰かが嫌だと思う様なこと、しているかも。



人のふり見て、ですね。