「週末どこ行く?」

今朝、怪獣はパパと一緒に出て行った。
私は2人を見送った後、夕飯の支度をしてから、ポコと遅れて家を出た。

「かまきりと〜かたつむりと〜2こ(匹)いてね〜
ぜんぜんこわくないんだよ〜ぉ!」

ふんふん、とか、ふーん、とか、適当にあいづちを打つ私を見上げ、
時おり(聞いているか)確認しながら、

前を向き直ると、また、ずーっとしゃべってる。


3歳女子。よくしゃべります。


単語の言い間違いも、最近は、ほぼなくしゃべる。


ちょっと前までは、お兄ちゃんの発言に、
「○○ちゃんもー!」と便乗するばかりだったのに、

例えば、怪獣が鮭のおにぎりなら、ポコは昆布!みたいに、

怪獣とは、あえて違う選択肢を要求してくることも増えた。




週末に何をしたいか、怪獣とポコに聞いた時のこと。


(怪獣)
「僕はパンダを見たことがないから、上野動物園に行きたい!」


ふむふむ。上野動物園ね。天気が良ければいいかもなぁ〜。


すると、ポコがモジモジしながら言った。



(ポコ)
「○○ちゃんは、うさぎさんがみたいから・・・




“したのどうぶつえん”にいきたいなぁ〜。」




下の動物園。
どこにあるか調べようね。
うふふ。