「トーテムポール」

撮影直後、怪獣が「怖い!もうやめる!」と言い、

結局、振り向くこと数秒で終了した、この技。

27kgを肩だけで支えようなんて・・・

こっちは、ケガをしないかヒヤヒヤしてしまった。



今日は1週間のうち、唯一のんびりできる日。
朝からの予定がない日だ。

とは言え、7時には子供達に起こされる。
(;´・`)
二度寝、三度寝は許されない。

昨日、ランチした独身女子は、
「休みの日は、一日中、ほとんどベットの上にいる」と言っていた。
だから、最近マットレスを新調したのだと。

古いマットレスを粗大ごみで出すのに、ゴミ捨て場まで運ぶのが大変で、
重いし、エレベーターには乗らないし、押したり引っ張ったり・・・

へとへとになってゴミ捨て場に着いた時、
「やっぱり一人では生きて行けないと感じた」と。

そうしたら、最近、同じ様にマットレスを捨てた女子がいて、

彼女は、

ゴミ捨て場で、あまりの達成感に、「私は一人で大丈夫だ!」と感じたらしい。
それを、ガッツポーズ付きで語ってくれた。

一同、ゲラゲラ。


“自立”について考える日になった。



・・・何の話だ?

あぁ、そうだ。
休日でも子供達に起こされる、そんな話をしていたんだ。
(休みダラダラモードな投稿。お許しを。)


前回の投稿で、「育児は、どんどん楽しく、どんどん楽になる」と書いた。

これは、本当。

でも、親子二代仲良しママとのメールのやり取りで、
私は、かなり恵まれているんだと再確認した。

学校に一人で行けなかったり、
行ったと思ったら「お腹が痛い」と帰ってきたり。

保育園や学校への迎えだって、会社からダッシュ!小学校からまた保育園へダッシュ!!
そんな毎日。余裕なんてない。

土日や祝日、休めない場合の預け先だって・・・

私はそれを、ほとんど父に頼っている。
加えて、母。第二の母。頼れる存在がいてくれる。


“一人で子育てしているわけじゃない”

これが私にとっては、唯一にして最大の、育児を楽しく、楽にする要因だ。


仕事をしていないママは、他に頼む必要がないから、
育児を一人で抱え込みがちになる。

夫婦間でも、いつの間にか“育児についてはママが”となってしまう。

旦那さんの、ちょっとした一言だけで、ものすごく救われるんですがね。



ただ、育児って、

過ぎて行った不安は、何故か忘れてしまって、
可愛かった、楽しかったが残るから、

続けられるのかもしれない。


生まれて間もない怪獣が、昼夜問わず泣き止まず、

よく、私も泣きながら、家中を歩き回っていた。

当時は、明日が来ることすら想像できなくて、
疲れて悲しくて仕方なかった。


それも、今となっては、笑える話。



とりとめなく、失礼しました。


素敵な週末を♪