「大曲浜獅子舞」

先週末、『ずっとおうえんプロジェクト』で宮城県東松島市に行ってきた。

大曲浜(おおまがりはま)地区に300年以上前から伝わる“大曲浜獅子舞”。

見ている最中、心が震え、目頭が熱くなった。

会場にいた人も、泣いていた。

清らかで、ものすごく強い地元の人達の“想い”に、触れた気がした。

(詳しくは、CSRのHPで、近く報告致します。)




「瓦礫って言うけど、これ全部、本当は財産なんですよね。」

大曲浜の瓦礫置場を見て、渡辺アナが呟いた。

震災直後に取材する中で、
瓦礫の中から必死に思い出の品を探そうとする人を見て、
そう痛感させられたんだそうだ。


震災慰霊碑に刻まれた名前の中に、一歳の赤ちゃんの名前を見付けた時には、

渡辺アナも私も、手を合わせることしか出来なかった。

『人生は、公平に与えられているものじゃない』

そんな想いが込み上げた。

でも、だからこそ、

この地で生きている人は、強く歯を食いしばっているのかもしれない。

誰かの分まで、生きる。

そんな“生きる意味”を、強く感じているのかもしれない。

『しっかり、生きなくちゃ』

私も、再度、深く心に留め置いた。



これからも、機会を頂ける限り、東北に伺いたいと思います。