「大好物」

「まま〜。こわい話するよ〜。いい?」

怪獣が得意顔で話しはじめた。


(怪獣)「『青い血』っていう、はなし。」


「昔、お坊さんが、大好きな肉まんを、たくさん食べました。」


ふむふむ。


「そして言いました。」


ふむふむ?


「あ〜おいちぃ。」

(あ〜美味しい)
(あ〜おいち)
(青い血)


(¨;)




・・・『恐怖の味噌汁』(今日、麩の味噌汁)って話を思い出した。


なんでですかね。
このテのもの、最近、大好物です。
怪獣に限らず、普遍的に、ある年代になると、皆、通る道なんですかね。


「わぁ〜お。くっだらなぁ〜い(笑)」

なんていう、私の一言がまた、ストライクらしく。


チキチキマシンのケンケンばりに、“シシシ笑い”をしていましたよ。

嬉しそうに。




「おしり、ぶりぶり攻撃〜!!」

その後は、妹に、またもや変な芸を仕込み。


今夜も、怪獣は、絶好調だぜぇ。




怪獣の念願だった、クラブチームの練習デビューの日。

見上げると、秋らしい空が広がっていた。