「毎日書かなきゃね」

朝の空気がピリッとしてきた。
寒いのが苦手な私は、これからを思うとちょっぴり憂鬱になる。

とは言え、日差しの温もりを楽しむ、いい季節。
ポコの運動会も快晴で、バナナダンスも大成功だった。

そうだ、今を楽しもう。



さて、いよいよと言うべきか。
怪獣の日記生活が始まった。
毎日書いて、週に1度、班ごとに提出する。


『きょうは、おいもほりにいきました。おおきいのがとれて、うれしかったです。』

『きょうは、じいじのたんじょうびでした。ケーキがおいしかったです。』


こんな程度の文章なんだけど、親にとっては面白いもの。
日々の楽しみになっている。

カタカナが変に混じったり、句読点が抜けたり、“お”の点を忘れていたりもする。

すでに、すらすら書ける子もいる中で、まだまだ怪獣は必死に鉛筆を握りしめて書いている。


私も、最初はこうやって、一文字一文字おぼえたんだよなぁ〜

(^.^)


「ここと、この字も書き直し!」

じいじ先生が細かくチェックする横で、ただただ感慨に耽る私(母親)。あはは。


じいじに感謝。



そんな、ある日の日記。

『きょうは、なわとびしゅうかいでした。“2とび”ができて、うれしかったです。』

ん?“2とび”??


「やっくん、これ、2重飛びの“じゅう”が抜けてない?」


すると、


「だって、とぶのは2かいだけなのに、“20とび”ってかいたらおかしいとおもって・・・」


(゜▽゜)



わはは〜と笑ったあと、漢字を書いて、意味を説明したら、納得して照れ笑いをしていた。


日々、勉強だ。