「台場でも小走り」

朝は、とくに出掛けは、どうしてもバタバタしてしまう。

原因は、私と怪獣の“サザエさん的性質”にある。



今朝はまた、計算外にポコが起きず、バタバタ。

「まま!もう時間だよっ!」

怪獣に急かされながら、ポコのタオルや着替えをリュックに詰め込んだ。


「そうだ!今日こそランチマットは?入れたの??」


毎日洗い替えを持って行く、給食用のランチマット。
最近、洗濯に出てないぞ?と思ったら、

さすが怪獣。

数日間、同じものを使っていたことが発覚した。


「あっっ!忘れてた!」


怪獣が靴を脱ぎ、ドタドタと自分のタンスヘランチマットを取りに行く。

自分で何でも用意するようになったのはいい。
ただ、ほうって置くと忘れ物・なくし物が後を絶たない。


「いい?今日は何を持って帰ってくるんだった?」

「えーっと、トレーナーとジャンパー。」


朝は冷えるので着て行く上着も、校庭で汗だくになって遊んだ帰りには、すっかり忘れられてしまう。

学童のロッカーには、何枚上着が詰め込まれているんだか・・・

(;´・`)


家を出たら、やっとホッとする。
特に今朝みたいに陽射しの温もりがあれば、気分は上々。

家の玄関に植えたバラは、また蕾が出来てきた。
日々の小さな楽しみに癒される。


と、しばらく歩いて、

「まま、大きなふくろは??」

怪獣が言った。

前の日に、

「やっくん、この袋を明日ママが持ってなかったら、教えてね。」

と伝えていたからだ。



ぎぇー(>_
わ・わすれたー(涙)



まさか、本当に怪獣に指摘されるとは。

今日までに返す衣装と、今日までに提出する書類を取りに・・・

情けない母は、子供達を送った後、走って家に戻るのであった。