「夢」

「おにぃちゃんが、おててがとれて、ナムナムしてるーっ!」

昨日の朝。
顔を洗っている私のところに、ポコが走り込んでこう言った。


手がとれた?

泣き声は聞こえない。

ナムナム??

仏壇に向かう事を、ポコはこう言う。


なんだ??
(¨;)


洗面所から顔を出し、隣の部屋のベットの中の怪獣を見る。

寝相が悪い怪獣。
寝ている間に180度移動したんだろう。
足元側の布団から頭が覗いている。


近付いてみると、

手を合わせて、目をギュッと閉じ、念仏の様に何やら唱えている。


「何やってるの??」


私の問い掛けにも応じず、待つこと数十秒。


「はぁー。よかった!お願いできた!!」


「何のこと??」


「“ミサンガ”がとれたんだよー!」


(゜▽゜)

そう言って、おどけた顔で左の手首を私に見せた。


小学校の学童で作ったミサンガ。

「すごく集中して作ってましたよ〜!」

普段の(落ち着きのない)怪獣を知る先生は、驚いた表情で、そう報告してくれた。

何を願掛けしたのか、聞いてなかったけど・・・


サッカーを始めて3ヶ月。
誰の影響か、最近、急に、

「クリスティアーノ・ロナウドになりたい!」

なんて言い出していたから、だいたい察しはつく。


何にせよ、

あの必死な表情は忘れないな・・・(笑)



「ママの夢は?」


直後、怪獣が聞いてきた。

ちょっとドギマギ。

「ママの夢は、一人の夢じゃないからなぁ〜」

なんて、お茶を濁しちゃったけど。


いつまでも、夢は持ち続けなくちゃね。