「金沢の母」

3年生の長男が作った動物と、ポコが作った薔薇のペープサート。

子供を褒めるのが上手な親友は、
「3歳児が薔薇なんて知ってるかぁ〜?!えらいわぁ。」
と何度も言ってくれて、その度にポコはご満悦だった。


それにしても。

男子はよくケンカをする。

特に、1年生の怪獣と来年小学生になる次男坊は、共に血の気が多いのかなんなのか・・・

10分に1回は取っ組み合いに発展するケンカをしていたらしい。

仕事を終え、迎えに行った私が見ている時も、
しつこく絡む次男坊に、怪獣が激怒!
怪獣が次男坊に何度も蹴り込んで・・・

(¨;)

ビックリした私は、慌てて止めに入った。


ワナワナと怒りに震える怪獣。
蹴り込まれても平気な顔の次男坊。

そこに、「紅茶が入ったよ〜♪」という親友ののんきな声。

ひとまず、その場を離れる私。


「あんなの、男の子同士なら当たり前や〜。なぁ?」

紅茶を飲み、親友はいたって冷静に、隣にいる5年生の長女に同意を求めた。

「やえちゃんは、マリコやしんちゃんのケンカを見たら、失神してしまうかも(笑)」

長女も応える。


えー。これが日常??
( ̄▽ ̄;)


「男の子は、常に自分の腕力を知っておかんと。それに、小出しにしないでストレスがたまる方がよっぽど怖いよ〜。」


ふむふむ。


「それに、ほら。大人が入らなくても、すぐ仲良くなるんよ(笑)」


へ??


振り向くと、さっきまで取っ組み合いをしていた男子2人は、ゲラゲラ笑いながらじゃれ合っていた。



男兄弟のいない私。

ここで学ぶべきことは多い。

また、行かせてもらおう。