「ににんがし」

ある日、旦那さんに子ども達との留守番を頼んだら、お風呂にこんなものが出現した。

英才教育?
いえ、ただのお風呂遊び。

お風呂からは、子ども達のギャハギャハいう笑い声が響いていた。


昨夜、

「にいちがに!にさんがろく!にしがはち!」

と、九九の二の段を言い始めたのは、なんとポコさん。

怪獣お兄ちゃんが毎晩必死に唱えているのを、いつの間にか覚えてしまったらしい。


下の子は要領よくなるはずだ。
ポコにとっては、ただの呪文。リズム遊びだもんね。

(´ω`)

ただ、何度言っても、「ににんがし」が抜ける。

それも、微笑ましいから、よしとしている。


「あ、あ、あっぽー(apple)」

「アップル、じゃなくて、アッポーって言ったぞ。発音が外国人なみや!天才やな!」


(´ω`)


親とは、幸せな生き物なんだな。