「一騒動」

「ごめんね、ごめんね。ママが悪かったの。不安な気持ちにさせちゃったね。」

私が何か言う度に、「うんっ、ひっく。うんっ。」と電話口から怪獣の泣き声がもれた。


やってしまった。。。


この日、じいじと怪獣には、私が学校へ迎えに行くと約束をしていた。

私が迎えに行くのは6時。

普段は、じいじが4時半頃には迎えに行ってくれて、怪獣とはポコの保育園の玄関で待ち合わせをしていた。

ロケの最中、午後4時半。

なんだか、嫌な予感がして、学童に電話をかけてみた。


『あれ?今さっき、外が明るいから一人で帰るんだって、下校していきましたよ。』


(>_
予感的中。。(涙)


慌てて、ポコの保育園に電話をかける。


『え?来てないですよ?10分くらい前?じゃあ来てるはずですね・・・』


(>_
家に帰ったのか?でも、家の鍵は持ってない・・・

不安そうな顔をしてウロウロしている怪獣が目に浮かぶ。


パパに電話し、じいじに電話し、
私もスタッフに事情を話し、ロケを切り上げて急いで帰った。


焦って駅まで走っていた時、じいじから着信があった。


『いたよ、大丈夫。』


体の力が抜ける。

電話口から、怪獣の声が聞こえてきた。


『僕ね、ママがいないから、家かなって思ってね、だから家に帰ったんだ。。。ごめんなさい。』


声が震えている。

謝るのは私の方だ。


怪獣は、保育園の玄関が開かなくて、一度家に帰り、
家にも私がいないので、保育園に戻ってきたらしい。

そして保育園でお茶とおやつをもらい、じいじがやってきて、
私と電話で話したところで、急に涙が止まらなくなったのだと。

卒園した“1年生お兄さん”としての威厳もあったろうに。


ごめんね。本当に、ごめん。


この日に限って、学童の連絡帳を持たせ忘れていた。
連絡帳には迎えの有無や時間を必ず書いておく。

この日に限って。。(涙)


「困ったら、必ずここにいらっしゃい。先生、いつでもいるんだから。」

後日、私も一緒に再度お詫びをすると、副園長先生はニッコリしてくれた。

ポコが在園しているとはいえ、まだまだ母も息子もお世話になる予感。。

改めて、地域保育の温かさを感じ、心強く有り難く思った1日だった。


最後に、副園長先生は笑って言った。

「おじいちゃまが1番可哀相だったんじゃないかしら?(笑)」


深夜の出動に加え、休み気分で楽しく晩酌を始めていたところ、急な呼び出しにあった、じいじ。


毎度、すみません〜(笑)