「つながる命」



幼なじみの久美ちゃんの家には、カブトムシが“売るほど”いる。

久美ちゃんのお父さんが、孫のためにと飼い始めたところ、どんどん増え、
増えるだけでなく、今ではヘラクレスオオカブトの孵化にも成功しているんだから、まさに子供たちにとっては“虫博士”なわけで。

その博士から、我が家にもツガイをもらい、飼っていた。

名前は、ジローとミミ。

ジローは怪獣が、ミミはポコが名付けた。
なんでタローじゃなくてジローなのかは不明。
ちなみにミミは、ポコがきゃりーぱみゅぱみゅが大好きで、でもパミパミ…では言いにくいからミミになったらしい。



そんな中、ミミが死んだ。

「早く生まれたからから、寿命だねー。」
ある日、動かなくなったミミを手に分かりやすく落ち込んだ怪獣を見かね、博士に電話をかけたら、丁寧に話をしてくれた。

電話をきった後、雨の中、公園に埋めにいった。

手を合わせ、納得したのか、笑顔を取り戻した怪獣が一言。


「絶対に子供が土の中にいるはずだって!」


(;´д`)


「子供って、もしや、もしや…」


オーノー!! (/o\)



あれから半月、博士から小包が届いた。
中には、幼虫用の土が…

そして、いまだ元気に動き回るジローの足元、土の中には、



白い、うようよ。



それも、一匹じゃない…



(/o\)





怪獣は、それはそれは喜んでますがね。


同居は許す。


でも、ママはノータッチ。