福と書いて。

今日のとくダネ!でご紹介させて頂いた、浦上秀樹さんの作品、こちらは↓『福』。



筋肉が減少する難病にかかり、首から上の筋肉しか動かせない浦上さんは、口で筆をくわえながら創作を続けている。

やわらかな筆使いの、とてもあたたかな文字。

よ〜く見てみると…



ひらがなで構成されているのが分かる。
…みつかるかな?






ふ、つ、う、の、こ、と

ふつうのこと。

文字の温かさを味わって、ひらがなを見つけるワクワクを味わって、最後にひらがなに込められた意味を合わせて味わう。

福…ふつうのこと。

私は『足るを知ることが、幸せのもと』と教えてくれた祖母を思い出した。




浦上さんの『こころMoji』の作品展が、銀座・伊東屋で29日(日)まで開かれているそうです。