津波の実態〜東松島〜










鯉のぼりが風になびいています。



先週は、
宮城県松島市へ津波の実態取材へ行っていました。



宮戸島の月浜海岸地区、


きれいな海と海水浴客で賑わう民宿の街だったのですが、、



すべての家が流され、壊滅している状態。


時計は津波が押し寄せた時間で全て止まっていました。


浸水の深さは5メートル近くになり、2階の窓まで爪痕が残っています。



幸い、月浜の住民の皆さんは高台に逃げ全員無事だったとの事。



しかし、海苔の養殖も全て流されて、民宿も営業できない中、


今後この地区で再び暮らせる日は来るのか?
全く見えない状態だと住民の方はおっしゃっていました。



避難所になっていた地区にも津波が押し寄せた東松島。


改めて避難所マップの見直しが必要とされています。