僕はしゃべるためにここへ来た



笠井さんは、私の向かいの席です。


震災当日、笠井さんの高く積まれた本や資料が、


アナウンス室にいた私に直撃しそうになりました。


アナウンス室に帰ってきた笠井さんは、みんなに怒られていました。


そして笠井さんは
その後、何日、数ヶ月にも及ぶ取材へと出掛けていったのです。


取材の壮絶な現場に、本当にそこにある事実に、ただ愕然とする思いです。


報道取材する立場からみた現場、難しさに改めて深く感じ入りました。


是非みなさんも手にとってみて下さいね。


*売上は全額寄付となります。