朝食ビュッフェ

一際目立つ
中華麺コーナー。

まだ調理されていない多彩な麺と野菜が並んでいて、
あれとこれを組み合わせて欲しいと注文。

すると、目の前で作ってくれて出来立てが味わえる。
食べたい…


でも、
中国語で掲げられたメニューは解読不可。

ジェスチャーで伝える勇気もなし。

隣席からは麺を啜る良い音が聞こえてくる。

いいなぁ…


麺をこねる料理人をコッソリ見ていると、

手招きが…?


なんと思いを察知して、作ってくれていたんです!

バレてたみたい…(>_
食べやすいミニサイズで辛さも控え目。

これまでパクチーを好んで食べたことがなかったけれど、

とっても美味しかった。

勿論完食!

慣れない大陸での気遣いに感激です。


それで嬉しすぎて写真取り忘れました…




ですので、素敵な景色をアップします。



上海万博、楽しみです!



謝謝。