誕生学の授業。








今朝、バースコーディネーターの大葉ナナコさんが先生を務める


誕生学の授業、


先輩アナたちと一緒に取材させていただきました。

今日の対象は、小学校五年生。

単刀直入に感想を言うと、

この授業、いま、ここに生きている人たち、
みんな聞いてほしい!


授業中、何度もナナコさんの口から、
「すごいね、みんな!」の声がかかります。

産まれてこれて、すごいね、
ここまで大きく育って、すごいね!


この世に、命をもって産まれたこと自体、奇跡の積み重ねであり、

あなたが、いま、ここにいるのは、
一歳まで、毎日誰かがあなたを抱っこしてくれたから、
その証だから、



わかりやすく、

例をとって話は進みます。
厳しいいのちの現実も交えながら。


終始貫かれてるメッセージは、

いのちって、重くて大切で、

だから、



生まれてきてくれて、ありがとう。




子どもたちも、背中越しの様子しか見られなかったけれど、

ありありと前のめりに、心をつかまれながら言葉を受け止めているのがわかりました。


愛された記憶がもてない、
親や大人からつい吐かれた暴言で、


自分自身なんて産まれなきゃよかったと、

自尊感情がもてない子が多いそう。

大人も、同じ。



しまった!で始まる妊娠ではなく、
よかった!から始まる妊娠にしようね、
と、
なかなか親では教えにくい本質を、
届く言葉で、情熱をもって伝える姿に、

涙が出てしまった。


授業を受けたら、
自分を大事に思えるのはもちろんだけど、
隣の友人も、
電車に難しい顔して乗ってる人も、

みんなみんな、


誰かに大事にされてきたいのちなんだと、

自然と、優しくなってしまいそう。

どうやって産まれたの?どこから産まれたの?
いつか自分の子どもからも問われることになるだろう質問に、

ちゃんと、答えられるように

今日の話を心にしまって、
準備しておきます。