最近感動したのは。

ヒト好きなわたしとして、

ヒトの振る舞い、ドキュメンタリー、さまざま感動のツボがありますが、

最近最も感動したのは、


奥村幸治さんのお話を聞いたことです。

奥村さんて、
かつて、オリックスに入団したばかりの頃のイチロー選手のバッティングピッチャーを務め、

その後、少年時代の田中将大選手を導いた監督。


話の内容はもちろん、話しっぷりにも
引き込まれ、

あっと言う間の90分。


奥村さん、ご自身がプロ野球選手になれなかったからこそ、

俯瞰する目が持てたそう。


超一流の人は、なにが、違うんだろう?


奥村さんにとって、イチロー選手の習慣は、それはそれは衝撃だったそうです。

練習に臨むのに、
必ず目標を設定している、と。

必ず、です。

時々、じゃない。


果てなく高い目標は、夢。

でも、ちょっと頑張れば手に届くところに目標を決めて、
そこに向かって練習に臨むそう。

そのために必要な準備は何だろう?
と考えながら。


わぉ。

そうだなぁ。

なんでこんなシンプルなこと、
言われるとドキっとするのかしら?




漫然と、過ごすのも1日だし、

何かに意識をフォーカスして過ごすのも1日。


もう、うすぼんやりと過ぎてきた40年は取り戻せないけど、(笑)
試したがり、やりたがりのわたしは、

すぐに自分の日常で、できることに落とし込みたい。


そういえば、
4000本安打を達成したときに、
イチロー選手、

今でも、どんな小さなことにも喜ぶし、だからこそ、次が生まれるって

インタビューで語っていらした言葉、焼き付いてる。


仕事のひとつひとつも、
やらされてる、って感じるより、
ここで、何を学び取れるか、

と思うと、


俄然、楽しくなることもたくさんあるしねぇ。



苦手な家事も、

今朝はなるたけ子どもに手伝ってもらおうと決めてみたら、

頼むねー、よろしくねー、助かるねー、ありがとねーと、


息子にはおにぎりキットでおにぎりをお願いし、

娘とは、一緒に洗濯もの干したら、


それだけで、ご機嫌で1日をスタートできた。

やったー!



小さいけど、
これで少しでも
笑って過ごせるなら、

そういう積み重ね、

大事にしてみよっかな。