写真追加と、振り返り。


結局成田に到着してから

報告です。


うっかり。


添付忘れてました。












改めて、現場に行かないとわからないことだらけと痛感する取材でした。

いまなお生々しい騒乱の場は、

着いてすぐには言葉にならなくて、

自分の知識の不足を感じましたが、


現地の人に話を聞き始めて、


ようやく
少しずつ温度がわかってきました。



ウクライナ。



オレンジ革命もしかり、


ロシアと欧米のパワーバランスの試金石のような場として、

よく、

親ロシア、親欧米との対立、というように伝えられています。


でも、

ヨーロッパ志向の人たちが、
反ロシアかというと、そうでもないのです。


わたしたちは反ロシアではない、
反ロシア政権なのだと、
その違いを強調する人、多い。



他民族国家ゆえ、

きっと、生活の節々にロシア系の人との関わりがある。

個人レベルでは憎しみ合ってるわけではなく、


怒りの矛先は

クリミアを編入していった、現ロシア政権なのだと、

そのあたりの言葉の線引きは、明確でした。


微妙な言葉のニュアンスは、行ってみて、初めて感じることでした。





詳しくは、ぜひ、世界HOTジャーナルで。
いまのところ19日に放送される予定です。