ありがとう。




母の日に、息子が絵を描いてくれました。


子どもとの向き合いは、
たくさんの時間とエネルギー、何より、気力と体力を要しますが、


それの比にならないものを


受け取ってるなと思う瞬間です。



日々、
もっともっと、

と欲深くなるのが業ではあるものの、


時々、

産まれて
そこにいてくれるだけで、


ありがとうという原点を思い出します。


みんな誰かの宝物。


です。


大人になると、なかなかそうは思えないことも
あるわけですが、


でも、

そうなのですよね。


読みながら、
まさかなぁと、今、心がザワザワしている方も、

間違いなく、
宝物です(笑)。誰かのね。