あなせん!




品川区の中延小学校の校庭で。


あなせんリニューアル後、初回の授業を行ってきました。


これまでは、アナウンサー1人で行ってましたが、
CSRメンバーの強力サポートで、
心強さ倍増!

終わってほっと一息の写真です。




授業の中味は、

3年生には、スピーチを。

4年生にはインタビューを。



わたしもそうだったけど、

なんだか、正解以外、恥ずかしくて言ってはいけない気がする学生時代。


大人になったとたん、

考えや想いをアウトプットする局面が増えて、
戸惑った。

あなたは何を価値観とし、
何を考えている人なのですか?

この問いに直面する。

だから、

子どもたちにも伝えたい。

思ってること
感じたこと
言っていいんだよ、

あなたの心でしか
つかみとれない、
宝物ばかりなんだよ、

と。


スピーチにも
インタビューにも


正解はなく、


ありのままの自分を
さらけ出す勇気が少しもてるように、
お手伝い。



考える自分、
感じる自分、
それを人に伝える。

伝わったときの喜びを、

ちょっとでも積み重ねてもらえれば。



人が想いを伝えるその勇気を、

くじかず、

気持ちよく受け止めることができたら。


ワークショップ形式で授業を進めたら、

普段、人前ではなかなか発表できない子、
楽しいこともうれしいこともない、と頑な真顔で言い切る子が、


インタビュー実践で、

最高にいい聞き手の笑顔に引き出され、

微笑みながら、

ドッジボールの出来事を話してくれた。



そんな姿に、

わたしが感動をいただいている。



そう、
話すも
聴くも

心を伝え、受け取ることも、

練習すれば、

必ず上手になれる。

そう
確信する瞬間でもありました。


あなせん、まだまだ課題はありますが、
どんどん磨きをかけて、

たくさんの子どもたちに会いに行きたいです。

機会をくださった、

中延小学校のみなさまに、


ありがとうございますの気持ちでいっぱいです。