しりとり



じぃじばぁばと関わりが多い子どもたち、
しりとりのやり取りがなかなかおもしろいです。


めじろ、ギボウシ、鵜飼、とか、

なんだそれ??

子ども相手に?みたいなボキャブラリーの連発です。


コタツ、もねぇ。

いま我が家にコタツはないので、既に幻の存在なのですが。しりとりでは頻度高いです。

二世帯・三世代で暮らすのは、それなりに摩擦もあるものの、

こんなとき、面白いなぁと思います。

じぃじばぁばと孫では
70年もの隔たりがあるわけですから、
お互いの当たり前が当たり前ではないわけですが、

その感じがなかなかいいのでしょうねぇ。