歌がしみる。

すでにユーレイ部員となりかけていたゴスペル、


行ける限り、練習に参加しておりますが、

←それでも相当ふまじめ

久々に、歌を聴くたび涙がこぼれ落ちそうになる曲を知りました。
I'll see you again

メロディはもちろん、歌詞が、切なくも温かく、まさに壮大な愛の曲。

歌詞は、『千の風になって』の世界を彷彿とさせます。


もうここにはいないけれど、
魂は共にいる、
わたしと共に過ごした時間を忘れないで、
これまでも、これからも、いつも愛しているから、


といったニュアンスの歌詞(のはず、かなりの意訳)ですが、

歌いながらも、
心に、既にこの世を去った大事な人たちを感じるのですよね。
周りのメンバーたちの表情を見てても、各々、そのような気持ちになっているのが、伝わってきて。


本場アメリカのゴスペルクワイアの動画をみても、男性が涙を拭いながら歌っていたり。


考えてみれば、
小さい頃習ってたピアノには挫折感のみが伴うものの、
その後中学ではブラスバンドに入ったり、
これまた単に飲み会要員だった大学のジャズ研といい、


音のある場所、みんなで音を創る場が、
ずっと好きだったんだなぁ。


忘れていたけれど。


毎度久しぶりなので、思い切った音の間違いもしばしばで、足を引っ張りつつ、

息の長い関わりになることを夢見てます。