まりやさん。


土曜日来、なんだか、1年の疲れがどっときたのか体調は万全ではなかったものの、

日曜の夜だけはなんとしてでも観たいものがありました。

竹内まりやさんのコンサート。

日本武道館。


しびれる3時間でした。


包容力あふるる歌声、
凛とした立ち姿、
毎日を丁寧に生きるメッセージ、
時折歌詞にのぞく女の業。

変わるものと変わらないもの。


キャリアの長い、しかもずっと大好きなアーティストのコンサートって、格別です。


どの曲も歌えるのに、響く自分の心には変化も感じるから。

いまやすっかり、すったもんだの恋やら、忘れられない何かよりは、
日常の幸せを描いた歌に心奪われますね。笑


来年、還暦を迎えられるまりやさん。新たな境地で、どんな楽曲を生み出されるのか、

楽しみでなりません。


後を生きるわたしは、

偉大なアーティストたちが残してくれる、手垢のついていない言葉たちを、
折々思い出しながら、


いつのまにか、自分の心の一部、細胞の一部に取り込んで、体験を味わい深くしているような気がします。