仕事初め。ブログ初め。

2015。
今年の仕事は、今夕の、スーパーニュースウィークエンドからです。


いただいた年賀状を読みながら、もう何年も会っていない友人から、ブログ読んでるよーという声が届いて励まされました。

テレビ観てるよ、より、ブログ読んでるよが多いくらいで、複雑な気持ちもあるものの、笑、
どちらも大事な発信手段として、
今年も日々雑記書いてまいります。


お正月、夫の実家に帰省して、102歳のおばあちゃんといろいろお話しました。といっても、もう夫のことは、姿かたちだけでは認識できなくなっています。

おばあちゃんからするとひ孫にあたる、わたしたち夫婦の息子をみて、

○○(夫の名前)の小さい頃にそっくりやなぁ、
似てるなぁ、とずっと目を細めて眺めながら
突然思い返したように、
ほいで、○○はどこにいんの?

目の前にいるやん!

と、同じ会話を何度もして大笑いしました。


豊かな記憶の中で生きていて、
目の前にいる、すでにオッサンになった現在の孫の姿は、認識が更新できないけれど、

5歳のひ孫の姿の中に、幼き日の孫の姿を重ねて慈しんでいる。


共に時間を共有していた、濃い時代の記憶の中で生きている。

帰り際も、窓辺でずぅっと手を振ってくれていた102歳のおばあちゃんに、ひ孫を会わせられてよかったと感じるお正月でした。


さて、ブログ初めゆえに、今年をどう過ごしたいか記します。
2014は離陸の一年でした。これまでとは違う風景を見るために、しっかり助走しながら離陸しようと。
受け身をやめて、自分で動こうという意味の離陸です。

ニュース初挑戦、ワイドナショーでのたくさんの奇才との出会い。
あなせん、新大陸やエッセ連載。

想像以上に、濃くて楽しい一年でした。

今年は、興味ある土地にはどんどん旅して(イメージですね)、体感して、出会う人たちと未来への種まきをしていきたいと思っています。
この世は捨てたもんじゃないよね、と思えるように。
旅だと思うと、日々の仕事も、ハプニングも、未知なる気持ちで楽しめそう。

お互いいい一年になりますよう。

この場から、応援してますよっ。