20年

阪神淡路大震災から、まもなく20年。

中学時代の先生が亡くなり、生まれてから高校卒業まで住んでいた甲子園の我が家も、全壊しました。


当時、横浜に暮らしながら、ふるさとが豹変していく様子に、全ての言葉を失っていました。
あんなにテレビに釘付けで、放心したように観つづけたのは、後にも先にもないことかもしれません。

当時、横浜で、家族にしか世話できないきかんぼうの犬を飼っていて、それゆえになかなか家をあけられず、土台の歪んだ甲子園の我が家を見ることもできませんでした。

理由を挙げれば、たくさんあったと思います。が、それでもふるさとにすぐに飛んで帰らなかった自分に、ずっと後ろめたさがありました。

あれから20年。

震災孤児になった子どもたちがいまどうしているか、等、
年月を振り返る特集も再び増えてきています。

がんばれ神戸。

あの当時、テレビの中から何度となく聞かれた言葉。

言葉そのものに違和感があるというよりは、
この人が言うと親身に聞こえる、
この人が言うと他人事に聞こえる、

ニュースを観ながら、励まされたり憤ったりしていました。

わたしは、どんな現場でも人に寄り添って、言葉に説得力のある人になるんだと、勢いでこの世界に飛び込みました。

20年。まだまだそんな境地には立ててませんが、

17日は、大事なふるさとの人たちを思い起こしながら、
過ごしたいと思っています。


みなさんにとっての20年
どんな年月でした?