20年と1日。

阪神淡路大震災から、きのうで20年。様々なセレモニーがあり、特集も組まれ、
当時から今までのことを思い返す時間になりました。
そして、今日もまた、新しい1日が、やってきます。

記憶を風化させないというのは、事ある度に聞かれる言葉ですが、
正直なところ、日常は目の前のことでいっぱい。
だからこそ前を向いて生きられるのかもしれない。
メモリアルという日は、そんな日常に杭を打つかのように、もう一度起こったことや自分の気持ちと、しっかりじっくり向き合う意味があるのだとも思います。


ここ数日、新聞やテレビを観てもすぐにこみあげていました。

20年かぁ。もう20年。

成人式で、きれいな晴れ着の女性をたくさん見た直後だけに、20年という年月が、妙にリアルで。


どれだけの人の人生に、なんらかの変化をもたらしたんだろう。

当時の映像で、キャスターの方が、人々の暮らしがあった街が、ただ灰になってしまいました、と絶句ながらに語る様子に、胸を突かれました。
あのときも、こんなことが起きるなんて、と受け入れがたかった。
しかし、その後も容赦なくらスマトラの津波や、東日本大震災、
目を疑う光景が20年の間に幾度かあ
ったわけです。

自然の力をどうすることもできない。つくづく思い知らされます。

でも、必ず人は立ち上がる力があるんだ。人の力ってすごい。
また光は射すし、また笑えるし、故人とともに生き続けることができるんだと、数々の20年後の様子を観ながら、勇気づけられるものがありました。


毎日、寝るときに、
今日もやり切った、あー、いい1日だったなぁと思えるように、
生きていたいですね。

誰のためでもなく。

自分のことは、自分が一番見ていますものね。

と書いたら、急にプレッシャーを感じた。笑。

うぅ。でも、気持ちはそうありたいです。