関西弁

アナウンサーですから、

もちろん標準語をベースに仕事しています。


が、言いにくいことを言うとき、
関西弁って、いいわぁ。と思います。


あかんで。それ。

なにしてんねん。



など、標準語では、変換不能。

ダメよ。

どうしちゃったの、そんなことして。


ニュアンス違いますものね。

子どもにもたまに使うと、

沸騰しそうな感情のときにも、お互いに、

ゲラゲラ笑えるんですよね。

抑揚がすごくあるから、音としても楽しいのかもしれないです。



関西弁に限らず、

おくに言葉って、和ませパワーが相当ありますねぇ。