自虐ギャグの責任の所在。


松村みおちゃんが髪を切り、とても新鮮。

スタッフの女性が、

みおちゃんとわたしの後ろ姿を見て、
あ、
ちょうど佐々木さんと長さが同じくらい、シルエットも、


なんて言ってくれたので、



あれ、もしかして双子みたい?


ってもちろん自虐の意味で明るく口にしてみました。


みんな顔は笑ってるけど、一瞬、しん。


いくらなんでもー、
とか
図々しいですよぉー、とか、


周りの誰かからのツッコミを当然想定していたのですが、

はたと気づきました。


そりゃあ言いにくいわ。





いかん。要らぬ気遣いをさせてしまったではないですか。笑


40過ぎたら、
自分の機嫌と自虐ギャグには自身でケリをつけねばなりませんなぁ。

と同時に、

どうぞ、

ガシガシ、わたしに言いたいこと、言ってくれてOKです。笑。出会うみなさま。