久しぶりのミシン。


新学期をむかえ、
幼子のいるご家庭では、
名前書きなどに追われているのではないでしょうか。

はい、わたし、追われました。笑

ひとつ巾着袋を縫うのをすっかり忘れてて、

→用途やサイズが決まっているので市販にはなく、必然的に手作りなのです


夜なべ、は無理なので早起きして、久しぶりにミシンに向き合う。

2年ぶりかな。


上糸も、下糸も、どうするかさっぱり忘れてて、

我ながら、ビックリします。


うわぁ、記憶、遠いっ。

でもやり始めると楽しくなってしまい、

クリエイティブな欲求が。

作りたい、
まだ袋が作りたい。
あんなサイズもこんなサイズも。


しかも、針穴にさっと糸が通せるたびに、
最近、どうも近場が見辛いわたしは、得意気になりつつ。




しかし、悲しいかな、

欲求はあるものの、

時間に余裕なく、

次はいつミシンを出すかなと遠い未来を想像しながら、

しまいました。

子どもは、

あぁ、あんなにお忙しいなか、
おかあさまは作ってくださったのか、
と崇高な気持ちで袋を扱うことはないでしょうが、笑


(もちろんこんな言葉遣いの対極を生きております)

いいんです。


自己満足で。


ガタガタの縫い目ながら、

やり切っただけで、良しとします。

ほっ。