うってかわって。


今日も、じぃじばぁばにお願いして、
子どもたちを遊びに連れていってもらったので、

都心まで送っていったあと、


朝から家がしぃん。


普段手狭で息苦しいのに、

静けさがこわいほどで。

ひとの存在は、いなくなると、その大きさがわかりますね。


好きなことやったるでー、と思いながらも、
もう一度布団に飛び込み、

大の字になって、

ストレッチして、


夕ごはんのカレーとサラダを支度して、バタバタと出かけるわたし。


ちっちゃいぜ。