ときめく読書。

読み始めて、
ぐいっとこころをつかまれる本は、

ページをめくるたびに

ときめきます。


養老孟司さんの

『自分の壁』を読了して、爽快というわけでもなく、力が湧くでもなく、痛快でもなく、

唯一無二のことばの存在感に、

読み終えたら付箋だらけになりました。


壁シリーズ、好きなのです。


当たり前や良かれと思っていることに、
はた?別にこだわらなくても?と思えるんですよね。



みんな仲良く、
好きや得意を伸ばそう、

だけでもないんだなぁ。


わたしなりに思ったのは、


どれだけぶった切られても残るのが個で、
主張せずともアピールせずとも、探さなくても
ただそこにある。


試練や面倒くさいことがあるから、成長もする。

ありのままでいい、という優しい言葉より、

好きなのです。


通勤電車の合間や、ほんの隙間時間しか読書できないけど、

楽しいですね。ひとりで静かに興奮できて。笑


次は、ピアニスト・辻井伸行さんのお母様、いつ子さんの本にときめいています。

またこれもいつか。