父の日に。

今日は、忘れがちな、父の日ですね。笑


ひょんなことで、2人でランチを食べることに。


父の日おめでとうと、
面と向かっては言いにくいものの、せめてサーブされた肉を見ながら言ってみました。

いろいろあった父娘ですが、
今となっては、
心身元気で、わたしたちの子育てヘルプをしてくれているだけで、

かけがえのないありがたいことだな、と思います。


二世帯、三世代で暮らすと、
魂の引き継ぎ、を多々感じるのです。


兵庫北部出身の両親が、
兵庫の都会で住むようになり、

命を削るようにわたしたちを育ててくれて、


東京に転勤になり、

阪神淡路大震災で家が全壊し、

老後帰りたかった場所とは違うものの、
今は、わたしたち一家と暮らしている。


生きてる限り、誰かの役に立ちたいわ、だから、弱ってる場合じゃないと、背筋を伸ばす母、

足が悪いのに、
昔から変わらぬガニ股で、
健康のために1万歩ウォーキングを欠かさない父をみていると、

本当に、身近な人たちを大事にすることを教わるのです。


思いどおりのことばかりじゃない。

でも、
そんなもんだなと思って進んでみたら、気づいてなかった宝がたくさんあるものですよね。


毎日、決めたラジオ体操は必ずする父。
いまだに、本の虫の父。

認めたくはありませんが、笑
父の血が自分に流れていることを実感します。


両親に何ができるか、も感じながらも、
そんなことより、
たぶん、自分が幸せだなと笑って感謝しながら生きていくことが、


1番の親孝行な気がする最近。



みなさんは、どんな父の日を迎えてますか?