綱渡りって、たとえば今日、、、。


あぁ。

普段元気な2人の子達が、

お腹にくる風邪にかかり、

今日は2人とも休ませました。

それがですね、
めちゃくちゃエネルギーは持て余して元気なのです。

ただ、おなかにはきてしまっている。

それぞれ、幼稚園と保育園、
行かせるか休ませるか、
迷うところです。


うちは、幸いにも、祖母がすぐにみてくれ、
周りにも移すのが恐縮なので、

休ませましたが、

普通なら、夫かわたしが仕事を休まねばいけない事態。

あるいは、病児保育も可能な保育園やシッターさんを手配するか。
←これまた、狭き門だったり、お金も高かったり、、、。


おそらく、夫婦で午前、午後をやりくりしたりするのでしょうが、
大概は、お母さんが休むのかな。


子どもの体調が悪くて欠席せねばならないとき、

女性もこころ苦しいですが、
男性のほうが、もしかしたら、職場にそう告げるハードルが高いかもしれない、とも想像します。

女の人は役割多くて大変よね、と思うと同時に、
多様な生き方が少しずつ浸透してきて、

むしろ、企業戦士、は言葉が古くとも、
一生仕事してあたりまえの男性たちも、
聞けばきっといろいろな想いがあるのかもしれない。



行きたくない飲み会だってもちろんあるんだよ、

だったら、断りゃいーじゃん、と一刀両断、すぐに正しいことを言ってしまうわたしですが、笑


最近、そういう幼子がいるお父さんがたの話を聞いてみたい気もします。


もちろん、こころに余裕があるときに、ですけどね。笑



周りでもちらほら、体調不良の話を聞く季節。

ご自愛ください。